スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
タイ料理を食べに行く
Bangkok Kitchen
<access>
小田急線・京王井の頭線南口徒歩2分
向かいはミスタードーナツ、となりはampmとなっている
イスズビル2F

<店内>
・ガラスのテーブルと、銀を基調としたオシャレな店内
・広くはないが、落ち着いて食事ができる。
・水曜日はレディースデー、女性を含むグループは20%off

<lunch>
・Aセット(タイカレーor炒め物+ライス+デザート)892円
・Bセット(タイ麺+ミニチャーハンorミニカレー+デザート)840円
バンコクキッチン



<ココナッツミルクに魅せられる>
 「はっっ!!タイ料理が食べたい!」ということで、GWの振り替え休日を利用して下北沢にタイ料理のランチを食べに行ってきました。こちらのお店は、以前ライターをやっていた友人に教えてもらったもので、「下北沢にオシャレなお店があるから、一度行ってごらん」と言われていたのでした。
 下北沢に到着したのが12時半すぎ、ランチなので混んでいるかなとも思ったのですが、ちょうど谷間だったらしく、すぐに席に着くことができました。
 数あるメニューの中から注文したのが、ランチのBセット。通常メニューのトムヤムクンやタイカレーにも惹かれたのですが、少々体調のことを考慮して刺激の少なそうなものを選びました。
 注文してから5分と待たずに出てきたタイ麺は、見た目が担々麺のようで赤いオイルがいかにも「辛そう~!」に思えました。こちらとは対照的に、ミニチャーハンのほうはご飯の上に鶏肉・タマネギ・ピーマンなどの野菜炒めがのっており、タイ麺よりもだいぶおとなしそうに見えました。
 白い食器と鮮やかな食材のコントラストは、いかにも美味しそうで、ココナッツミルクと香辛料の香りがさらに食欲をそそりました。一口飲んだタイ麺のスープには覚悟していたような刺激的な辛さはなく、ココナッツミルクの甘さと香りが広がる独特の味がしました。
 さらに小さな白いお椀に入れられたデザートは、柑橘系のゼリーとココナッツミルクのゼリーが2層になった、甘さをおさえた優しい味のデザートでした。
 タイ料理はよく食べる方ではありませんが、以前渋谷で食べたお店は辛さを全面に押し出したものでした。それに対して、こちらのバンコクキッチンさんは場所柄もあるのか、辛さはおさえて香りで勝負といった感じで、辛いものが苦手な女性でも楽しめるお店でした。
スポンサーサイト
自分の足って…
北島康介とか、ハギトモと同じ種類の足みたいなんですよ。

 昨日の深夜番組に競泳女子のスイマーが3人出演していまして。萩原智子選手が、大学の授業中に眠くなると足のストレッチをするという話をしていました。萩原選手の足首や膝関節がすごく柔らかい様子が流れていて、特に膝の関節が若干反対の方向にも曲がるんですね。萩原選手は「膝が入る」という表現をしていました。床に足を伸ばした状態で座り、腿と膝を床から離さずにかかとをあげる。これができれば膝の関節が柔らかく、平泳ぎの時などに水をかくしなりができて有利だそうです。ブレストの選手などに多く、あの北島康介選手も、こういった「膝が入る」関節の柔らかい選手なのだそうです。

え?普通みんな関節って反対に曲がんじゃねぇの?

 って思いながらテレビを見ていました。自分の関節もだいぶ柔らかいのです。スイミング行ってました。たしかに、ブレスト得意でした。もうちょっと早く気づいてればなぁ~。頑張ってれば強化選手くらいには、なれたかもなぁ~。
ゴーストシップ
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」に出演していたボードレールの長女、エミリー・ブラウニングつながりで探してきました。探してきましたってか、ウチにありました。

2002年/GHOST SHIP
監督:スティーヴ・ベック Steve Beck
製作:ギルバート・アドラー Gilbert Adler
   ジョエル・シルヴァー Joel Silver
   ロバート・ゼメキス Robert Zemeckis
出演:ジュリアナ・マーグリーズ Julianna Margulies
   ガブリエル・バーン Gabriel Byrne
   ロン・エルダード Ron Eldard
   イザイア・ワシントン Isaiah Washington
   デズモンド・ハリントン Desmond Harrington
   アレックス・ディミトリアデス Alex Dimitriades
   カール・アーバン Karl Urban
   エミリー・ブラウニング Emily Browning

<story>
 サルベージ会社“アークティック・ウォリアー”のクルーたちは、ジャック・ファリマンと名乗る青年に船の調査を依頼される。ベーリング海峡で漂流していたその船は40年間消息不明となっていたアントニア・グレーザー号であった。彼らは無人の船内で大量の金塊を発見して大喜びする。金塊を運び出そうとする彼らに、船の中では奇妙な出来事が起きるのだった。

<冒頭のシーンはスゴイ>
 パッケージの雰囲気からして、ゆっくり目にストーリーが展開していくのかなと思って油断していました。開始5分で40人くらい死んでるんじゃないでしょうか。人があんな死に方をするのは、ホラー映画ならではですよねぇ。ロバート・ゼメキスはああいうことをやりたくて、ホラー専門映画制作会社なんて設立しちゃったのでしょうか?このシーンのインパクトで、グッと映画に引きつけられます。ただ、そのあとは型にはまった感じで進んでいきますけども。ホーンティングと似たような流れです。

<エミリー・ブラウニング>
 重要な役割をする、幽霊の女の子役で出演しています。この作品が2002年なので、おそらく当時は11歳くらいなのでしょうか。哀しげな表情と厚めの唇、ミステリアスな雰囲気は当時から変わらないようです。自分の中では、クリスティーナ・リッチのような位置づけになりそうです。

<お約束が好きなら>
 いくら制作にロバート・ゼメキスが関わっていて、CG処理が巧みに行われていたりしたとしても、世の中の評価的にはB級映画のようです。自分もそう思います。ですが、エイリアンやザ・グリードに代表されるような、パニック映画の神髄。
「仲間が離ればなれになって、得体の知れないものに襲われる」>
が楽しめるのならば是非お勧めする映画です。
フラバー
ロビン・ウィリアムスの映画はもう何本見たことでしょうか。彼の映画を初めて見たのは、1991年のHookでした。当時はハリウッド映画や俳優などには全く興味がなかったのですが、主演のロビン・ウィリアムスの笑顔がとても印象に残っていたことを覚えています。

1997年/FLUBBER
監督:レス・メイフィールド
出演:ロビン・ウィリアムズ、マルシア・ゲイ・ハーデン

<story>
 化学者のブレイナード教授は、物事に熱中すると、他のことはすべておろそかになってしまう。愛する婚約者サラとの結婚式を2回も忘れる彼は、3度目の当日またしても実験に夢中になり、結婚式をすっぽかしてしまうのだった。彼がその実験で作り出したものは、驚異的な弾力を持った、緑色の不思議な物質だった。ブレイナード教授はその物質をフライング・ラバー、すなわち「フラバー」と名付ける。

<ロビン・ウィリアムスのピュアな役が最高>
 フラバーは、ラバーというよりスライムに近い見た目だと思います。100人にきいたら、たぶん86人くらいは「フラバー?あの、緑色のスライムが出てくるやつでしょ?」って言うと思いますよ。科学的な矛盾点とかは、どうしても気になりますけど(構造式がフラーレンだったり、反発係数が1を超えていたり)そちらを別にしても、とても楽しく見ることができる作品だと思います。
 ロビン・ウィリアムスが演じるブレイナード教授は、研究に没頭するあまり日々の生活に支障をきたすほどなのですが、婚約者への愛は純粋で確かなものです。こういった愛や、実験室での押さえきれない好奇心、愛でるものへの表情はロビン・ウィリアムスが演じるからこそ映像から感じることができるのだと思います。やっぱり、「少年みたいなおじさん」はロビン・ウィリアムスが最高です。 

<実はリメイクでした>
1960年/The Absent Minded Professor
監督:ロバート・スティーブンソン
出演:フレッド・マクマレイ、ナンシー・オルスン

 知りませんでした~。上記の作品はこちらのリメイクだったんですねぇ。ある話では、1997年の作品よりこちらのほうが評価が高いようです。
ディープ・インパクト計画
deepimpacts.jpg


彗星に銅の弾丸を打ち込んでみる、という計画がNASAによって行われています。

The Deep Impact mission

<概要>
 2005年7月4日のアメリカ独立記念日に、探査機から打ち出した350kgの銅の衝撃弾を、10km/sという速度で、テンペル第1彗星(9P/Tempel-1)に打ち込む構想です。この衝撃弾の衝突によって、彗星の表面には直径数100m、深さ数10mのクレーターができると推定されます。そのときにはね飛ばされる破片と、彗星内部の物質を、探査機に搭載した赤外スペクトルカメラで撮影し、また地上望遠鏡によっても観測しようという狙いです。衝突弾に銅を用いるのは、彗星から生じた物質とスペクトルで容易に区別できるからです。

<計画の意図とTempel-1が選ばれた理由>
 彗星は太陽系が形成された時期からそのまま残っている天体と考えられています。中でも彗星内部には、初期の太陽系で見られた組成が良好な状態で保存されていると推測されます。したがって、彗星の含有物質がわかれば、惑星の形成に関する学説を証明することができるかもしれません。プロジェクトの責任者であるリチャード・グラミアー氏によると、「われわれがテンペル第1彗星を選んだのには多くの理由がある。まず、この彗星はカイパーベルト(海王星・冥王星軌道より外側にある、氷の塊が散在する帯状の領域)に由来している。また、大きさや形も適している。さらには自転の速度が遅いので、衝突後のクレーターも調べられる」と説明されています。

<衝突した後は大丈夫なの?>
 実のところ、3億3000万ドルをかけたミッションを計画した人たちも、テンペル第1彗星に衝撃弾が当たったときに何が明かされるのか、まだわからないと述べています。すべてが計画どおりに進めば、彗星の太陽に面した側のちょうど真ん中に衝撃弾が当たり、彗星と衝撃弾は、3万5000km/hを超える速度で衝突することになります。この衝突は破片を舞い上げて彗星表面にクレーターを作るよう計算されており、計画設計者によると、衝撃弾が彗星本体やその進路を大きく変えることはないということです。
 ディープ・インパクト計画を管理するNASAジェット推進研究所(JPL)の研究員、ドナルド・ヨーマンズ博士は、「巨大トレーラーのフロントガラスに虫がぶつかるようなものだ」と言います。 「衝撃弾によって彗星の速度は秒速0.0005mm遅くなるだろう。軌道変化は今後5年かけて100mを超える程度に過ぎない」比較のためにヨーマンズ博士が挙げた数字によると、彗星は木星の近くを通り過ぎるだけで、その引力によって軌道が数千km以上変わってしまうことがあるといいます。直径にして約4kmもある小惑星なら、衝撃弾が軌道に与える影響は少ないと考えているようです。

<観測> 
 衝撃弾にはカメラが搭載されており、彗星の表面をかなり詳しく調べることができます。このカメラは衝突の1秒前までの写真画像が得られる予定になっています。また、ディープ・インパクト本体にも2台のカメラが搭載されており、これによって衝突を観察し、衝突後にできたクレーターを調査することが可能です。ハワイの複数の天文台をはじめ、2基の宇宙望遠鏡『ハッブル』と『スピッツァー』も衝突を観察することになっています。
 彗星は5月現在、乙女座のε星付近に見ることができます。等級は10~11等程度で肉眼での観測は難しくなっていますが、少し大きめの天体望遠鏡なら充分に観測できるでしょう。衝突の起きる7月4日には1等星スピカに接近しており、衝突によって彗星が突発的に明るく輝くことも予想されます。もし、天体望遠鏡をお持ちであれば、今年の7月4日は南西の空に乙女座を探してみてはいかがでしょうか。 
NASA:deepimpact
あったかホール
 最近プヨプヨになってきた自分のお腹を見るにつけ、「何とかしなくては!」と思っていたのですが、ナカナカ運動が出来ずに日々を過ごして来ました。スポーツクラブでも、と考えてみては敷居が高そうで入り口を素通りしてみたり、ダンベルを購入してはゴロゴロ転がしてみたり。

 GWも終盤になって、お金もないし普段やらない事をやろうではないかと、出かけてみました。あったかホールのプール。隣にリサイクル施設が併設されており、その過程で出される熱を利用して、年間を通じて温水プールに入ることができます。

値段は格安!
大人1時間200円、子供1時間70円。

 中はそれほど広くなく、25mのプール・ジャグジー・子供用プールがあるくらいですが、5月くらいですとあまり利用者がいないようで、窮屈な感じはしませんでした。メインの25mプールは、端っこの2コースがそれぞれ一方通行の往復になっており、何人かが思い思いに泳いでいました。

 自分は小学生の頃に何年かスイミングに通っており、泳ぎには多少の自信があったのですが、所詮は十数年前のこと。フリー・ブレストと2往復くらいで息切れをしてしまい、一緒に行った彼女にも笑われてしまいました。(汗)

 今回は2時間で、合計では500mも泳いでいなく、ウォーキングをしたりビート板で遊んだりジャグジーにつかったりと、遊びが主体でしたが定期的に通えるようになって泳げる距離が伸ばせたらな~、と思いました。




レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
実際映画館に行くまでは、レモニー・スミケットだと思っていました。あはは。

GW最後の日曜日ということで、最近府中にできたTOHOシネマズ府中という映画館で見てきました。きっかけとしては、CMで見て「お、アダムス・ファミリーと雰囲気が似てるな。」と思って行ったんですが、監督さんは違うんですねぇ。officialサイトによると、キャスパーなどを撮られた方らしいです。アダムス・ファミリーの監督さんは、プロデューサーの一人として参加されているということで。

良かった点は5つ
・オープニングのクレイアニメ!
・ボードレールの3姉弟妹がとてもかわいい!
・ジム・キャリーは表情が豊か!
・メリル・ストリープのくしゃみは加トちゃんみたいだ!
・物語を壊さない、徹底した色調と小道具!

逆に好みではない点は4つ
・けっこう先が読める展開。
・全体的にテンションが低めなので、間延びして眠くなる。
・ジム・キャリー以外はキャラが立っていない。
・やたら長いエンドロール。(おそらく10分以上ある)

10点満点で言ったら、6点くらい。原作のある映画は、やっぱり原作を読んでから見た方が楽しめるのかなぁ、といった感じの映画でした。2回、3回と見るとまた別に面白いのが見えるかもしれないかなぁ。THE COREだってテレビで見たら映画館より面白かったし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。